excitemusic

反動化する安部支持の国家主義者飯山一郎  
by hilng
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧


LNGタンク設計者が、タンクに航空機墜落時の大爆発を証言

元LNG(液化天然ガス)タンクの設計技術者(山本 尚利 氏)が、東京湾のLNGタンク群への航空機墜落やミサイル攻撃で、首都圏は焼け野原になるとLNG全面火災による大爆発の大惨事をブログで証言

新ベンチャー革命2010年3月29日 No.101
米国が日本の原子力技術開発を黙認してきたのはなぜか


筆者(山本 尚利 氏)は(東京大学工学部を卒業して)70年代から80年代、IHI(旧社名 石川島播磨重工)でLNG(液化天然ガス)地下タンクの設計をやっていました。

筆者はIHI時代、東京湾に林立するLNGタンク群に航空機が墜落したらどうなるか検討したことがありますが、まったく防げません。東京湾コンビナートは全滅し、首都圏は焼け野原でしょう。したがって、軍事ミサイルを撃ち込まれたら、もちろんアウトです。

同様に、日本の原子力プラントが軍事攻撃されたら、想像するだけで恐ろしい。しかも放射能の大量漏えいで、二次被害がもっと恐ろしい。それは1986年、ソ連のチェルノブイリ発電所の原子炉メルトダウン事故ですでに証明されています。この事故こそ91年ソ連崩壊のトリガーでした、今、振り返れば、偶然の事故かどうかも疑わしい。

新ベンチャー革命2010年5月1日 No.117
米国覇権主義者の対日観:日米太平洋戦争は終わっていない


新ベンチャー革命2010年5月2日 No.119
一刻も早く、アメリカは日本を捨てて欲しい


山本 尚利 (やまもと ひさとし)氏 プロフィール

1970年 東京大学工学部船舶工学科卒業。石川島播磨重工業にて造船設計,新造船開発,プラント設計,新技術開発などを担当する。
早稲田大学ビジネススクール専任客員教授

早稲田大学ビジネス スクール 教員プロフィール
山本 尚利 教授


情報と技術を管理され続ける日本  【著者】 山本 尚利

日本原子力東海第二発電所と日立港LNG受入基地計画予定地の
茨城港 日立港区第五埠頭 地図 航空写真


東海村 日本原子力発電 東海第二発電所(稼動状況)

東京ガスの 日立港LNG受入基地計画 (youtube 動画) 
原子力発電所の近くにLNG貯蔵基地新設計画


東京湾LNG魔のトライアングル

東京湾、大阪圏、名古屋圏のLNG基地のLNG貯蔵能力
a0118909_214375.jpg

建設過程からずさんな東京ガスエンジニアリングの石狩LNG基地のテロ対策。ゲートに警備員すらいない。進入防止は、この細いロープ(ひも?)だけ。
a0118909_9522211.jpg

東京ガスエンジニアリング 株式会社が建設を進める石狩LNG基地

   誰が「日立LNG基地計画」という、"時限爆弾" を仕掛けたのか??

東京ガスの日立LNG基地の20万キロリットルLNGタンクは、完成すると「世界で一番」原子力発電所の近くに立地する世界最大級(現有LNGタンクでは20万キロリットルが世界最大)のLNGタンクになる。

首都圏唯一の原子力発電所(原子力プラント)である茨城県東海村の東海第二原発(日本原子力発電・東海第二発電所)隣接地をわざわざ目的、意識的に選んで世界最大級の20万キロリットルLNG貯蔵タンクを新設する東京ガス「日立LNG基地計画」の反社会性と、東海第二原発の隣接地に東京ガスのLNG受入基地を誘致した橋本昌(はしもと まさる)茨城県知事の日本国民に敵対する歴史的「売国」は明白だ。

首都圏唯一の原子力発電所(原子力プラント)である茨城県東海村の東海第二原発(日本原子力発電・東海第二発電所)隣接地をわざわざ目的、意識的に選んで世界最大級の20万キロリットルLNG貯蔵タンクを新設する東京ガスという会社は、土壌汚染が汚染されているのを知りながら東京都に高値で豊洲工場跡地を売却し、周辺地区を関連会社東京ガス豊洲開発株式会社(東京ガス株式会社の100%出資子会社)が開発をしている。東京ガスは、こうした土地開発からエンジニアリンクまで幅広いビジネスを展開し、一年間に1560 億円(連結2007年3月期)もの巨額の利益を上げている。

その上、東京ガスは、テロ対策などには金を出し渋るきわめて危険な体質がある。東京ガスは傘下に東京ガスエンジニアリング 株式会社(東京ガス株式会社の100%出資子会社)があり各地でLNG.タンクの建設工事をしている。元IHI(旧社名 石川島播磨重工)のLNGタンク設計技師の山本尚利氏が指摘しているように、ミサイル攻撃やテロ攻撃、航空機墜落におけるLNG全面火災の危険性を十分東京ガスと東京ガスエンジニアリング は認識しているはずである。それでいてずさんなテロ対策しかしない、東海第二原発の隣接地に「日立LNG計画」を立案するというのは、きわめて悪質と言わざるを得ない。

北朝鮮弾道ミサイル発射された瞬間の東京ガス根岸工場のテロ対策

「日立港LNG受基地入計画」の東京ガスのテロ対策の実態(袖ヶ浦LNG基地)

北朝鮮の「特攻」から 誰が日立LNG基地を防衛するのか??

東京ガス豊洲工場跡地の土壌汚染の除去実験に疑問
[PR]
by hilng | 2010-05-03 08:46 | LNG
<< ギリシャ財政危機問題 『新帝国循環』という日米政治経... >>