excitemusic

安部支持の反動化する「国家主義者」飯山一郎 
by hilng
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧


日本のテロリズム(極左暴力集団) 

 日本の極左暴力集団 「日本革命的共産主義者同盟 第四インターナショナル日本支部」の売国者たちは、レーニン、トロツキーらロシアのテロリストたちのように軍事クーデター( 暴力革命)で政権転覆を謀り、日本をソ連圏の衛星国家(自称「労働者国家」)として、東側全体主義・ソ連東欧ブロックの「国家資本主義」陣営に組みこもうと画策していた。 極左売国者和多田粂夫の動画での発言に注目。
成田空港管制塔占拠事件 - Wikipedia
1978年 成田空港管制塔占拠 (YouTube動画)
-------------------------------------------------------------------------------------- 
和多田粂夫 動画
(11・11管制塔基金運動勝利報告 -4- 和多田さん挨拶)

  三里塚闘争の(第四)インターの方針は全て僕(和多田粂夫)と柘植(洋三)さんで決めてきた。これは、性格が全然違う。柘植さんは、ズブズブの大衆運動主義者だ。僕は、戦術極左だ。一つの闘争をやるたびにヘドが出るほど論争をする。そしてやっと中和される形で運動方針が決められてきた。
 開港阻止闘争についても敗北の美学だと言うんだね、柘植さんは。要塞で鉄塔に登ってテレビに映った同情を買うのが目的なんです。僕はなんとしても一度は、政府に風穴を開けるような戦術的な勝利をつくりたい。そこで要塞戦は柘植さん、管制塔突入戦は僕と分けてあの闘争が行われたんです。
--------------------------------------------------------------------------------------
当時37歳の和多田粂夫は、60年安保闘争以来の活動家
「1978・3・26 NARITA」成田空港「包囲・突入・占拠」の提案
--------------------------------------------------------------------------------------
3.26直後の財界の休戦申し入れ顛末
財界首脳陣と戸村空港反対同盟委員長との極秘会談

[日本戦後史秘話 26年間封印]1978年 日本財界、テロに屈服  
土光敏夫(当時、日本経済団体連合会長)も出席  柘植洋三 証言
土光敏夫 - Wikipedia
--------------------------------------------------------------------------------------
3・26管制塔占拠・開港阻止闘争勝利
俺たち、タワー・アタッカー 成田空港・管制塔占拠をめぐる物語

柘植洋三氏より管制塔被告団連帯の要請
管制塔被告支援連帯基金
元管制塔占拠闘争被告団に連帯し1億円カンパをかならず達成しよう
11.11 管制塔被告損賠叩きつけ行動
つげ(柘植)書房新社 「トロッキー研究」
--------------------------------------------------------------------------------------
日本のテロリズム (極左暴力集団)
--------------------------------------------------------------------------------------
日本赤軍事件
連合赤軍リンチ事件
内ゲバ
--------------------------------------------------------------------------------------
レーニン主義 スターリン主義 トロツキー主義 ロシアのテロリズムの本質
--------------------------------------------------------------------------------------
全体主義の父・レーニンの記録動画(You Tube)
「第四インター」創立者トロッキーの記録動画 (You Tube)
ソビエト社会主義共和国連邦国歌(You Tube)
ソビエト連邦の国歌 - Wikipedia
ロシア連邦国歌(You Tube)
ロシア革命の真相   反革命としてのレーニンの「10月革命」   
1918年以来、アナキストはボルシェヴィキ独裁下のロシアを「国家資本主義」の国と呼ぶようになった。(大杉栄とロシア革命)
大杉栄 - Wikipedia
関東大震災大杉栄惨殺事件と読売新聞正力松太郎
大杉栄とその時代
赤色テロとレーニン
レーニンは、早くから革命にはテロリズムは必要であると考えていた。
レーニンの真実
『レーニンの秘密』 赤色テロリズムとレーニン
1918年8月の電報でレーニンはボルシェビキ党員に向かって「見せしめが必要だ」とし、「100人の富農、金持ちをつるし首にせよ」と命じています。
「スターリンは悪いが、レーニンは正しい」という説がある
『収容所群島』ソルジェニーツィン
ロシア革命の運命
 「10月革命」が、レーニンらの誤算と過信から生じた悲劇的なクーデターであったこと、さらに制憲議会の武力解散と食糧独裁令がボリシェヴィキの孤立と一千万人に及ぶ人口消滅を招いたロシア内戦を呼び、この状態がスターリン主義体制成立の土壌ともなった。
ヨーロッパほぼ全域での共産党自然死
 レーニンが1917年10月にしたことは、「革命」でなく、臨時政府権力とソヴィエト権力という二重権力双方にたいする「単独武装蜂起・単独権力奪取クーデター」であり、レーニン・トロツキーこそが「党独裁・党治国家、赤色テロル型国家を創り、大量殺人犯罪を命令・遂行した張本人だった。
国家資本主義について
ソ連=国家資本主義論
ソ連邦の国家資本主義について
ノーメンクラツーラ ソヴィエトの支配階級
ノーメンクラツーラ制度
-------------------------------------------------------------------------------------
唯物史観   社会主義の物質的条件  商品生産の止揚
-------------------------------------------------------------------------------------
唯物史観 - Wikipedia
弁証法 - Wikipedia
唯物史観の現代的発展を求めて 深山和彦
 コンピューター・ネットワークは、企業の官僚機構に置き換わるものである。そしてそれは、生産現場・生活現場の人々が、地域的・国際的規模で、直接に・相互に・速やかに労働力を含む経済的諸要素の配分調整を行うことを可能にする(すなわち市場を廃絶する)物質的条件となるものである。
でんし共産制社会
ヘーゲル哲学
 現実的なものはすべて合理的であり、合理的なものはすべて現実的である






 
[PR]
by hilng | 2009-05-22 10:07
<< 世界最大級 袖ヶ浦LNG(液化... 日立港LNG(液化天然ガス)基... >>