excitemusic

安部支持の反動化する「国家主義者」飯山一郎 
by hilng
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧


7月17日 日立艦砲射撃  7月19日 第二回 日立空襲

1945年 日立空襲 米軍のB29爆撃機が日立を空襲。 死亡者1354人。

1945年 日立空襲

日立空襲 解説

日立空襲と風船爆弾

日立空襲(ひたちくうしゅう)とは、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)6月10日および7月19日に、アメリカ軍の爆撃機・ボーイングB-29によって行われた茨城県日立市および勝田市(現ひたちなか市)への戦略爆撃の総称である。 また同年7月17日にはアメリカ海軍第三艦隊の戦艦による艦砲射撃が行われた(日立艦砲射撃)。 この攻撃の主たる目標は、軍需工場として重要な役割を担っていた日立製作所海岸工場と、機関砲、機関銃の専門工場であった日立兵器株式会社であった。

日立市の戦災

アメリカ軍機B29の空襲を受け、黒煙をあげる日立製作所海岸工場

昭和20年日立は、三つの襲撃を受けました

日立空襲 体験記

日立艦砲射撃 体験記

日立艦砲射撃の夜

ミズーリー号での降伏調印.

若くして日立艦砲射撃の犠牲になった学徒の碑

茨城県日立市 成沢霊園

日立航空機 立川発動機製作所

日立兵器生産 十一年式と九九式軽機関銃にみる日本兵器史

ガス電が開発した小型旅客機があった

「日立」は世界最高の機関銃製造会社だった

[証言記録 市民たちの戦争]戦場になると噂(うわさ)された町 勝田

日立市  東大沼町の防空壕と謎の35番地廃部落  

「小倉造兵廠汚職事件」

太平洋戦争下の労働者状態

海行かば 解説















終戦の詔勅(玉音放送)

「核廃絶、LNG廃絶」を

「永世中立の平和日本」を

「日本と朝鮮半島の非核化」を

日立市、東海村を長崎に続く「被爆都市」にするな

日立市を再び「軍需産業都市」にするな

「環境エネルギー産業」で日立の再生を

「企業誘致」の県政をやめ、「企業再生」の県政を

「新エネルギー革命」で、「世界大恐慌」を克服して輸入エネルギーの削減を

「日立東海国際環境技術博覧会EXPO2020」の開催を

LNG(液化天然ガス)の輸入より、
「日立の国産自主技術」による「純国産エネルギー開発」で、
生活と雇用の維持を

日本原子力東海第二発電所と日立LNG(液化天然ガス)受入基地計画予定地の茨城港・日立港区第五埠頭 地図・航空写真

東海村 日本原子力 東海第二発電所(稼動状況)

シミュレーション浜岡原発メルトダウン放射能拡散分布

日本はすでに核兵器製造の準備をしている

兵器級プルトニウムを年間62kg製造する予定の「もんじゅ」

日本が国内外の原子力施設に保有しているプルトニウムの総量は、原子爆弾なら4400個余りを製造できる量

「原子力発電所及び核燃料再処理施設周辺海域の液化天然ガス(LNG)運搬船等大型危険物運搬船の航行禁止及び周辺港湾への入港禁止法」または、「茨城県条例 」の制定を

「原子力発電所ならびに核燃料再処理施設の周辺地域における液化天然ガス(LNG)貯蔵施設の設置を禁止する」法律・県条例の制定を

日立港LNG(液化天然ガス)基地計画 関連リンク



東京大空襲

 
[PR]
by hilng | 2009-07-15 23:06 | 日立
<< 栃木県へのガスパイプラインは、... 『そのまんま麻生解散』 東京新... >>