excitemusic

反動化する安部支持の国家主義者飯山一郎  
by hilng
ICELANDia
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧


<   2009年 08月 ( 78 )   > この月の画像一覧

e-pisco e&e FAX情報サービス 第183号<最終号>

e-pisco e&e FAX情報サービス 第183号<最終号>(2009年8月28日発行)

e-pisco e&e FAX情報サービス 第183号
[PR]
by hilng | 2009-08-31 17:20

橋本まさる氏圧勝 日立市がハルマゲドンへの道を歩みだした

Excite エキサイト : 政治ニュース

バラマキの民主党政治は、国家財政を破綻させ日本を国家破産させる。

茨城県知事選で、橋本まさる候補を支持した連合の労働運動の解体が必要だ。

日立市は原発メルトダウンとLNG全面火災というハルマゲドン級世界最大歴史的二重災害への道を歩みだした。

大震災懸念のある東海第二原発の稼動停止を。

新エネルギー革命で日立の再建を。

茨城 県選挙管理委員会発表

衆院選挙2009

東海第二原発 運転状況

メガ震災の前兆を警告 首都圏『丹沢~南房総ライン』 9月末大地震の危機
[PR]
by hilng | 2009-08-31 08:19

驕れる平氏久しからず

Excite エキサイト : 政治ニュース
首相、敗北受け辞任表明 総裁選は9月中旬以降

驕れる平氏久しからず。自民党、公明党の大物議員が落選している。公明党の太田代表も落選した。麻生政権は自滅した。4年後は、バラマキの民主党が破綻自滅する番だ。国産新エネルギー開発で日本を再建する政治こそが必要だ。
[PR]
by hilng | 2009-08-31 00:15

東海村出身なのに、東海村の原子力を危険にさらす橋本昌氏

茨城県知事選挙

東京ガスのLNG(液化天然ガス)受入基地を、
稼動中の東海第二原発の隣接地に誘致して

東海村出身なのに、
東海村の原子力を危険にさらす橋本まさる候補者はNO!

橋本昌 - Wikipedia 
[PR]
by hilng | 2009-08-28 14:08 | 日立LNG基地

[ 茨城県知事選]LNG基地誘致の橋本まさる候補者は、NO!

東海原発隣接地の茨城港・日立港区に東京ガスの「LNG(液化天然ガス)受入基地」を誘致する橋本まさる候補者を落選させよう!

橋本まさる候補者を支持する「連合」茨城の労働運動の解体を!
自主管理労働組合"連帯"を結成しよう!

橋本まさる候補者を支持する
樫村千秋日立市長を次回市長選で落選させよう!

橋本昌 - Wikipedia 

樫村千秋日立市長参加の 橋本陣営水戸総決起大会

前回県知事選 井手よしひろ県議が橋本まさる候補者の応援に駆けつけた日立駅前

’09知事選 連合茨城と知事が政策協定 

連合が橋本氏推薦 

いばらきの港

茨城港日立港区

全国港湾知事協議会(会長橋本まさる茨城県知事)

橋本昌(はしもと まさる)茨城県知事
「知事直轄の産業立地チームだからできること」


橋本昌(はしもと まさる)茨城県知事
「今年に入ってからも、日野自動車の古河市への進出、東京ガスのLNG基地の日立市への立地が決まったところです。...私は全国港湾知事協議会の会長を勤めておりますが、..」


平成21年第1回茨城県議会定例会 橋本茨城県知事知事提案説明
東京ガス株式会社が、茨城港日立港区において、LNG(液化天然ガス)基地を建設することを内容とする中期経営計画が発表されました。早期実現に向けて積極的に支援、協力してまいります。


全国港湾知事協議会総会開催
「橋本茨城県知事は平成15年度から会長を務めています」


港湾整備振興全国大会開催される
[PR]
by hilng | 2009-08-28 13:46

全国地震動予測地図

原発・核関連地図

全国地震動予測地図
[PR]
by hilng | 2009-08-28 12:55

静岡新聞シリーズ企画「浜岡原発の選択」

静岡新聞シリーズ企画「浜岡原発の選択」

東海地震と浜岡原発

ストップ浜岡原発


[PR]
by hilng | 2009-08-25 08:34

浜岡原子力発電所 運転状況

浜岡原子力発電所 運転状況
[PR]
by hilng | 2009-08-25 08:31

東海第二発電所 2009年08月25日 08時10分 運転中

東海第二発電所 運転状況
[PR]
by hilng | 2009-08-25 08:29

巨大地震とLNG.・原発

東海アマチュア無線地震予知研究会 
★ 2003年11月01日土曜日

巨大地震そのものは、過去数十万年にわたって定例的に続いたものであって、地球史的にはありふれた現象だが、歴史的な、これまでの解放では、原発やLNGは存在しなかった。ところが、福島には老朽化した巨大原発が4基、関東一円には20万キロリットルを超えるLNGタンクが十数基ある。「絶対起きないから想定する必要もない」と決めつけられ何の対策も存在しない、一次冷却水喪失、メルトダウンが現実に迫っている。それは数百万人の死者と、日本列島の半分が数十万年居住不能になる事態を突きつけている。

苫小牧タンク火災は、「絶対起きない」とされたタンク全面火災が実際に発生し、消火不能で燃え尽きるまで放置された現実を露わに示した。LNG火災は、想像を絶するほど凄まじい。一基でも誘爆したなら、総熱量は100Mトンに迫り、巨大なファイヤボールがすべての危険物タンクを誘爆させるとともに関東平野全体が炎上するのである。苫小牧は人口密度、建造密度が薄いために誘爆がおきにくい条件だったが、関東では本質的に異なり、危険物タンクの密度から誘爆、消火不能は必然的な事態である。

製油所でまたタンク火災 北海道・苫小牧
[PR]
by hilng | 2009-08-22 09:34