excitemusic

安部支持の反動化する「国家主義者」飯山一郎 
by hilng
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧


<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

平成25年度 東海村 政治改革 提言/ 白幡 一輝

3.11原発震災当時の政権は、村上達也氏が村長選挙で推薦を受けた民主党政権 。すなわち村上東海村長が、ぼろくそに批判する「国」とは放射能拡散予測スピーディ情報隠しの民主党政権。



グットバイ核開発村 
バイオ石油開発と 飯山一郎グルンバ乳酸菌革命 で東海村を再生 

2013 東海村政改革  (脱原子力・脱LNG・脱議会改革指針)

「東海村三大撤去方針」の東海村政

脱原子力・脱LNG・脱議会の行政・議会改革の断行

震災後遺症に苦しむ村民に個人村民税の恒久的1割減税(削減)

東海村長報酬の6割削減

東海村議会議員報酬の3割削減

東海村議会議員定数の6名削減

東海村職員給与と給与体系の適正化(民間並)

東海村議会(本議会と委員会)のインターネットライブ生中継の即時実施

「東海村放射線被ばく村民・労働者保護条例」の制定

東海村放射線被ばく村民・労働者保護課の新設

東海村放射線被ばく村民・労働者保護課の目的

・村内原子力事業所に勤務する労働者を放射線被ばく労災から守る活動

・村民(とりわけ妊婦と乳幼児・児童)を放射線被ばく労災から守る活動

電源三法交付金(年13億円)は放射線被ばくから村民を守るために使う

・希望する妊婦・乳幼児の母親・児童への個人放射線量計の無償配布

・逆浸透膜フィルターろ過法による村立小中校の学校給食使用水の放射性物質除去

・空気清浄機による村立幼保育園・小中校の学校教室の放射性物質除去

・南九州に緊急時に東海村民疎開施設としても利用可能な
「東海村九州の家」の開設 (飯山一郎氏に支援要請)

「蛍の里」ビオトープの村立小中校への設置と環境教育への活用

日本原電と日立の原発輸出支援政策の「東海村原子力センター構想」
=「TOKAI原子力サイエンスタウン」 の中止

廃炉研究は東電方針=東海村外=福島県で

微生物発酵技術による農地の放射能(放射性物質)除去と
飯山一郎グルンバ乳酸菌技術 による東海農業の再生

グルンバ乳酸菌農業 による東海村農業の再生

東海農業の再生プロセス( 飯山一郎グルンバ乳酸菌農法の導入)

1.微生物発酵技術による農地の放射能(放射性物質)除去
2.グルンバ乳酸菌循環型農業の確立
a)飯山グルンバ乳酸菌畜産の推進
b)飯山グルンバ乳酸菌畑作の推進
c)飯山グルンバ乳酸菌不耕起冬期湛水(とうきたんすい)米作 の推進

村内公共施設の屋上等を活用し村営メガソーラー発電所を新設

村内公共施設等をマイククロ水力発電に活用

太陽熱温水器の設置推進による脱LNG

東海村を「脱原発・脱LNG 国産バイオ石油生産経済特区」にする

バイオ石油産業への原子力産業従業員(労働者/村民)の優先転職・雇用

テロ対策:東京ガス日立LNG基地が撤去されるまでの間
海上自衛隊武装艦船と陸上自衛隊による日立港LNGタンクとLNG船の防衛


2012東海村議員選挙一周年「政治家から政治を取り戻せ」

東海(核開発)村から全国へ そして世界へ 21世紀の新しい政治の流れを!
 「純国産エネルギー開発10ヶ年計画」とトライアングル混合経済   

 ~ 脱原子力・脱LNG(液化天然ガス)派の見解 ~

「脱原子力・脱LNG・自由・連帯・平等・平和・インターネット直接民主主義」
「原子力 軍産複合体LNGチェーン」のための政治(議会制)から、
「労働者・農民のための政治」(インターネット直接民主制)へ

21世紀の市民革命=インターネット直接民主制(インターネット直接民主主義 )=国民の政治支配= IT革命の総仕上げ= 日本国憲法の民主的改憲

2013年9月茨城県知事選挙/チェンジ村上東海村政

村上達也東海村長と橋本昌茨城県知事を、村政・県政から追放して
「安全・安心な村政・県政」(エネルギーと食料の自給)を実現しよう!
「2013 東海村三大撤去方針」を基本政策にする
「脱原子力・脱LNG派」の茨城県知事を誕生させよう!

~チェンジ橋本茨城県政  チェンジ村上東海村政 ~
脱原発・脱LNG(液化天然ガス)・脱議会 三大革命方針


「日本を原発のない世界一の乳酸菌国家にする」 飯山 一郎

脱原発 飯山一郎グルンバ乳酸菌革命

脱原子力・脱LNG(液化天然ガス) 環境エネルギー革命

インターネット直接民主主義革命
---------------------------------------------------------------
「2013 東海村三大撤去方針」 東海村から

1.日本原電 東海第二原発の撤去 (新規原発の建設阻止)

2.核燃プルトニウム再処理工場の撤去 
(高レベル放射性廃溶液と村内すべてのプルトニウムの撤去)

3.東京ガス日立港LNG基地計画の中止・撤去
(第二期LNGタンク増設計画の撤回)
--------------------------------------------------------------------------------
[東海村議会]すり替え説明をしていた=悪質企業東京ガス

日立港LNG基地建設推進の「脱原発派」相沢一正東海村議

東海村議選、「脱原発」の相沢一正氏が当選

北朝鮮の「特攻」から 誰が日立LNG基地を防衛するのか??

環境負荷(炭素排出量)の大きい日立港LNG受入基地計画

郡山の子どもたちは、どうして、これまでに経験したことがないような健康事態になっている=原爆ぶらぶら病的な症状

原子力軍産複合体の代理人=日本維新の会石原代表
「日本は強力な軍事国家、技術国家になるべきだ。経済を蘇生させるには防衛産業は一番いい。核武装を議論することもこれからの選択肢だ」


世界の兵器の約50%を生産するアメリカの軍産複合体

米軍産複合体  飯山一郎氏 てげてげ
◆2013/04/14(日) 戦争屋の謀略を止める政治家 (1)


アメリカという国家の本質は、「自由」や「民主主義」ではなく、 「戦争国家」ということである。アメリカ合衆国の根幹をなしているのは、「戦争」なのである。軍国主義国家は、政治、経済、産業、全ての面において軍事が優先する体制になる。これが、アイゼンハワーが最大の懸念を示した「軍産複合体」だ。






飯山グルンバ・エンジン


[PR]
by hilng | 2013-04-10 21:31 | 原子力