excitemusic

安部支持の反動化する「国家主義者」飯山一郎 
by hilng
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧


<   2013年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

秘密保護法案、衆院可決=官僚のクーデターには「一新革命」




   

  秘密保護法案反対デモ
「平和憲法を守れ」ではなく、「一新革命 」と言うスローガン(シュプレヒコール)を!

「日本国憲法の破棄」=国家官僚のクーデター(秘密保護ファシズム体制の樹立)に秘密保護法案反対デモで「憲法を守れ」とシュプレヒコール(デモ・集会などでスローガンを全員で一斉に叫ぶ示威行為)参加者たち。

「日本国憲法の破棄」=国家官僚のクーデターには
まったく無力の「平和憲法を守れ」と言うスローガン=「平和憲法擁護派」の市民運動

秘密保護法案、衆院可決=国家官僚のクーデター(「日本国憲法の破棄」=国家官僚軍独裁体制=秘密保護ファシズム体制の樹立)には、「平成一新革命 」(日本国憲法の改正手続きに則った平和革命)が正しい処方箋。

秘密保護法案:与党が採決強行、衆院通過


2013年11月26日、特定秘密保護法案可決:日本は官僚専制国家に転落確定!安倍自民党を大勝させた国民に責任あり


戦前の日本は天皇制国家であるとともに、実質的には軍人官僚専制国家であり、まさに、今の北朝鮮と同様の非民主主義国家でした。今回、この悪法を強引に成立させたい不気味な勢力は、今の日本の民主主義を破壊し、戦前の日本と似た官僚専制国家に戻そうとしているのは明らかです。そして、彼ら自身が、これを悪法だと知っているのです、だから、マスコミにだまされてきた国民からの支持の高い安倍政権を操って強引にこの法案を成立させようと躍起になっているということです。 戦後の日本は民主主義国家になったと言っても、実質的には、民主主義は形骸化していました。実際の戦後日本は、官僚主導の疑似民主主義国家に過ぎませんでした。



藤原直哉のインターネット放送局 現職がどんどん落選する政治




[PR]
by hilng | 2013-11-26 22:21

11月25日 八幡製鉄所で4人死傷、ガス爆発か(北九州)



北九州で工場火災、4人死傷 新日鉄住金八幡製鉄所 
       
新日鉄住金の八幡製鉄所で爆発、1人死亡

日本のLNG基地[PDF:708KB] - 東京ガス
[PR]
by hilng | 2013-11-25 19:28 | LNG

秘密保護法=「アベノ大獄」=「平成の大獄」と「平成一新革命」

藤原直哉のインターネット放送局 引き締め体制の悪あがき 

井伊直弼の安政の大獄と桜田門外の変・尊攘運動の急速な台頭

井伊直弼と安政の大獄

安政の大獄井伊直弼



     平成の「不平等条約(日米修好通商条約)」=TPP
  
   橋本昌茨城県政と茨城県議会が支援したテロ礼賛(テロ支援)映画

協賛協力支援の皆様

水戸藩開藩四百年記念『桜田門外ノ変』映画化支援の会の活動への多大なるご協力、ご支援誠にありがとうございます。

当支援の会では、映画づくりから始まる地域づくりを目指しています。映画のもつ求心力と波及効果を活かし、郷土茨城の活性化、観光振興を目的としています。映画『桜田門外ノ変』を成功させ、茨城を元気にするためには、県民の皆様の熱い心と多くの方々の参加が必要です。

映画『桜田門外ノ変』の成功に向けて、ご協力のほど、誠にありがとうございました。

※ 順不同、敬称略
茨城県茨城県議会水戸市水戸市議会

第67代茨城県議会議長の菱沼五郎 (小幡 五朗 / 自民党) は、
血盟団事件の右翼暗殺テロリスト 
  

オープンロケセット - 水戸藩開藩四百年記念
桜田門外ノ変映画化支援


水戸藩開藩四百年記念「桜田門外ノ変映画化支援の会

映画桜田門外ノ変』 観光いばらき

 

   


  



   

 
We Shall Overcome!「東海村四大施設撤去方針」の東海村を! :

    平成の「下克上」=「平成一新 (維新)革命」三本の矢

 日本の政治と経済を支配する
「日本原子力軍産複合体LNGチェーン」からの解放!!

= 食料とエネルギーを自給する「美しい日本」の建設

1.  飯山一郎 グルンバ乳酸菌革命

「日本を原発のない世界一の乳酸菌の国家にする」    

「トライアングル混合経済政策」

 F T(発酵+テクノロジー)革命

 循環型食料自給社会建設 
  
 2.  脱原発・脱LNG 環境エネルギー革命

 「純国産エネルギー開発十ヶ年計画」   
 
 「戦略的低エネルギー生活」   
 
 東海村「国産バイオ石油生産総合特区」構想 
  
3.  脱議会 ・脱金権 インターネット直接民主主義革命

 「政治家から政治を取り戻せ!」
  
   「平成の大政奉還」   
 
 「日本国憲法の民主的改憲」 
       

茨城県の財政運営




[PR]
by hilng | 2013-11-25 11:41 | 世界

特定秘密41万件が対象! 平成の治安維持法=秘密保護法

これは≪核燃料棒≫ではないのか?











治安維持法(ちあんいじほう、昭和16年(1941年)3月10日法律第54号)は、国体(皇室)や私有財産制を否定する運動を取り締まることを目的として制定された日本の法律。当初は、1925年に大正14年4月22日法律第46号として制定され、1941年に全部改正された。とくに共産主義革命運動の激化を懸念したものとして発足したといわれているが、宗教団体や、右翼活動、自由主義等、政府批判はすべて弾圧の対象となっていった。

1923年 9.1 大正関東大震災
1925年 治安維持法 制定

2011年 3.11 東日本大震災
2013年 特定秘密保護法

特定秘密保護法は、「米国並みの(警察)法整備を整えるように」との米側要求によって(アーミテージとナイによるCSIS、2000年のリポート)、日本の警察官僚が準備した法案 山崎淑子の「生き抜く」ジャーナル!

ご周知の通り、米国には極めて適用範囲が広く曖昧で冤罪多発の温床となってきた“共謀罪”が存在し、1980年代から猛威をふるって『密告・監視・言論統制社会』を強化させてきました。 これに加えて、巧妙に草案が準備されてきた“愛国者法”を2001年9月11日のテロを口実に、翌月の2001年10月にスピード採決。可決成立させた実績があります。911直後、米国民はテロへの恐怖心と愛国心が高揚するさなかでの「ドサクサまぎれ」の成立に、疑問の声をあげるどころか歓迎ムード一色の雰囲気でした。

NYに30年近く居住していた私は、愛国化と同時に外国人排斥ムードの拡大とヘイトスピーチを許す米国民世論の変貌に絶句し、ニューヨークに住み続けることに恐怖と悪い予感を抱いたものです。 その私が、2005年7月に突然、東京で不当逮捕され、3ヶ月後にニューヨークへ強制送還された米政府による罪状は、「C弁護士との米国共謀“未遂”」容疑でした。 なんと私は、NY弁護士資格を持つ日本人男性との“共謀未遂”により、いきなり逮捕・保釈のない長期未決勾留・強制送還されたのです。

私がいったい、何か違法行為を犯したかですって? 911発生時、倒壊現場グラウンドゼロに隣接するビルに新事務所を構えたばかりの私は、倒壊現場写真と動画を事件以降1年間に渡って毎日、屋上から撮影し、周辺の土壌からサンプル採取を続けていました。この事実を隠さず、ニューヨークや首都ワシントンを『危機管理』の行政視察ツアーに訪れる議員団や行政官に証言し、またワシントンの駐米日本大使館に勤務する陸上自衛隊の駐在武官N氏へも詳しく報告していました。

自衛隊の駐在武官に目撃証言した2ヶ月後には、ニューヨークの自宅兼事務所に、複数の米政府機関の強制捜査が(日本出張中の留守宅に)入り、土壌サンプルや映像を含む証拠書類とパソコン全部が押収され、事業継続が不可能になりました。そこでやむを得ず日本へ戻り会社設立、ジャーナリズムは休業。オンラインショップを開設して、日本伝統技術の海外進出とブランディングのコンサルティング事業を運営、“日本ブランディング”事業を展開していました。

ところが、テロから4年近くも経た2005年7月に米政府は、日本政府(法務省)に代理拘禁を求め、私を逮捕勾留し、保釈請求も許されないままニューヨークへ強制送還。愛犬チョコは、薬殺処分されました。 むごい仕打ちが次から次へと続き、その後1年9ヶ月もの苛烈な監獄生活を余儀なくされました。 その後、保釈請求すら許可されず、652日間にも及ぶ過酷な獄中生活の中、拷問や感染による著しい健康被害を受け、2007年5月に出獄したものの、未だに歩行困難など体調不良に苦しんでいます。

この時、同房者に米国人女性ジャーナリストがいました。彼女は、ブッシュ大統領の首席補佐官のいとこで、イラク開戦に反対してバグダッドで「人間の盾」となった反戦活動が政権を怒らせたのか、別件逮捕され、初の「白人米国市民」として“愛国者法”違反の罪で逮捕勾留。 私とNY連邦拘置所で同房になる前、彼女はテキサス州内にある刑務所の精神病棟に4ヶ月も隔離・拷問され、おかしくなっていました。容疑の根拠法は愛国者法。自分は、「愛国者法で逮捕起訴された米国市民では二人目。白人ジャーナリストとしては初の愛国者法ケース」だと、容疑を詳しく説明してくれました。

さて、今国会で審議が始まった特定秘密保護法案を読んでみると、この米国“愛国者法”と、私自身が逮捕起訴・投獄された「実際には犯していない容疑」の“共謀未遂罪”を併せ持った法案であることが判明しました。

そうです。日本の特定秘密保護法案は、日本で3度も廃案になった天下の悪法“共謀罪”と、米国民が「騙された!」「修正第一条と憲法を無力化される“超法規的”悪法だ」とッアメリカ人が後世ずっと後悔することとなる“愛国者法”をベースのお手本として起草された、いわば米国製“爆弾司法兵器”日本版なのです! 日本政府は、米国が911同時多発テロがきっかけで米市民が手放した「言論の自由」喪失の失敗の轍を、愚かにも、日本版NSCと日本版『共謀罪・愛国者法』を“秘密保護法案”の別名の名の下で、今や法制化しようとしているのです!

この危険性を指摘している報道機関とジャーナリストは、一人もいません。 無実の共謀罪で投獄され、長期未決勾留を米国人ジャーナリストと共に経験した実体験がある山崎淑子だからこそ、気づいた法案の凶暴な本性なのです。 ジャーナリストである私が米監獄で無理矢理、たたき込まれた教訓の数々が雄弁に語っています。 「日本版“共謀罪”と“愛国者法”が、特定秘密保護法という別名に化けて、日本に襲いかかっています。日本在住のあなたが、山崎淑子のように冤罪被害者になってアメリカの法律で裁かれるリスクが、この法案によって高まります。黙って成立させたら、後悔あとにたたず。ある日突然、公安警察があなたの家にやって来て、問答無用で連行、投獄されます。あなたが享受していた平和な暮らしは、もう2度と戻って来ないのです。あなたは、これを甘受できますか?もはや他人事ではないのです」。

なぜなら、同法案の森担当大臣は、「一般人は処罰対象外」と国会答弁したものの、決して「逮捕・取り調べ対象外」とは、明言していないからです。 「処罰対象外」の詭弁は、あくまで起訴・裁判までにはいかないかもしれないが、「逮捕・長期未決勾留による自白強要や健康被害、パソコン押収や社会的制裁、市中引き回しによる社会的・経済的抹殺が、日本社会でも発生するかもしれない」可能性を含ませている答弁とみなすべきでしょう。

まさしく、CSIS2000年レポートでアーミテージ氏とナイ氏が日本政府へ「米国並みの法律を」要求し、自衛隊法の改定を経て、今回の秘密保護法案に至った通り、日本は戦後、政治経済・金融・軍事・教育など社会全般が米国化(または米国配下)してきた総仕上げとして、司法の米国一体化が完成しようとしています。

TPPのISDSと、秘密保護法案の抱き合わせによって、 自衛隊が米軍傭兵化するのと同様に、いよいよ日本の司法が米国司法配下に組み込まれる装置=法整備がととのいました。憲法を無力化し、『超法規的』法律として、憲法の上位者に君臨し得る“特定秘密保護法案”と日本版NSCの成立を阻止する選択こそが、日本の自主独立回復への道であると信じます。

秘密保護法-ブロガーも処罰対象に

特定秘密は民間人やブロガーも対象なのに、外国人スパイには罰則無し

特定秘密保護法案で定められた40万もの特定秘密は「何を指定したのか?」という情報も完全非公開になるため、書いたらダメな情報も分からないままです。

あなたが世間話でとあるワードを書いたら、それが偶然にも特定秘密に関する情報で、そのまま逮捕されるという事も・・・。


More
[PR]
by hilng | 2013-11-19 12:25 | 「てげてげ」飯山一郎

福一4号機燃料プールからの核燃料棒取り出し作業が開始





11/18~ 東電福一原発4号機燃料プールからの使用済み核燃料棒取り出し作業が開始される

1号機に70本、2号機に3本、3号機に4本の損傷した燃料棒があることが明らかとなっており、改めてフクシマの収束が如何に困難を極めるかが思いやられる次第である。

それにしても万一のことがあれば日本全土、そして北半球が未曾有の放射能汚染に晒される恐れがあるというのに、この国は何と呑気な空気に包まれているのであろうか?

ロシア・トゥデイが指摘しているように、「今回の作業が極めて過酷で危険な作業であり、1つでも誤ちを犯すと恐ろしい量の放射線が大気中へと放出され、当初の災害よりも多数の爆発を引き起こすことになる」という事実を国民一人ひとりが認識しなければならない話である。

【福島第1原発】いよいよ開始される4号機核燃料棒取り出し作業 
~固唾を呑む世界各国、能天気な日本~ 


ロシアは福島原発の問題を指導するために努力し、
密接に日本政府と相談している
  

ロシア、日本国を国際管理下に置く意向

日本全国 広域 最新24時間 の震央分布図

 
[PR]
by hilng | 2013-11-18 09:36 | 原子力

震災前から福島第1原発1号機の燃料棒70体が損傷していた

福島第1原発1号機の使用済み燃料プール内にある燃料棒70体が東日本大震災前から損傷していたことが15日、分かった。プール内に保管されている使用済み燃料292体の4分の1に相当する。損傷した燃料棒を取り出す技術は確立しておらず、2017年にも始まる1号機の燃料取り出し計画や廃炉作業への影響が懸念される。東京電力は、11月15日まで事実関係を公表してこなかった。 2013年11月16日 河北新報ニュース

3.11震災前から福島第1原発1号機の燃料棒70体が損傷していた

ジルコニウム火災とスカイシャイン現象/東電福一原発大災害

[PR]
by hilng | 2013-11-17 21:20 | 原子力

明日11月18日も、東北から近畿地方→大地震はないでしょう





本日の月も、大地震前兆なし @ 関東19:30
=明日11月18日も、東北から近畿地方にかけて大地震はないでしょう。


串田嘉男氏近畿巨大地震推定発生=11月19日プラスマイナス2日
推定2日の11月18日も、大地震はないでしょう

残日数は、11月19 ・20・ 21日の3日間になる。

地震前兆/11月16日の月と阪神大震災前日の「赤い月」
(串田氏近畿びわこ大地震説)












[PR]
by hilng | 2013-11-17 20:10 | 地震

11月19日プラスマイナス2日=串田氏巨大地震推定発生(更新)

11月19日プラスマイナス2日=串田氏近畿・東海巨大地震推定発生日時(更新)

串田氏が11月9日に発表した「長期前兆No.1778続報No,052-053」によると、串田氏は「11月19日プラスマイナス2日」というような数値を導き出しました。
[PR]
by hilng | 2013-11-12 22:07 | 地震

11月10日7時38分 茨城県南部M5.5地震 震度5弱 筑西市

11月10日7時38分 茨城県南部M5.5地震 震度5弱 筑西市

平成25年11月10日07時42分 気象庁発表
10日07時38分頃地震がありました。
震源地は茨城県南部(北緯36.0度、東経140.1度)で、
震源の深さは約70km、地震の規模(マグニチュード)は5.5と推定されます。
各地の震度は次の通りです。


茨城県  震度5弱 筑西市舟生






[PR]
by hilng | 2013-11-10 07:59 | 地震

M8.5首都直下大地震と東京湾LNG大火災

首都直下地震:M8.5想定 被害広範囲に 中央防災会議

東日本大震災を想定できなかった反省を踏まえ、起こりうる最大規模を再検討。その結果、相模湾から千葉県沖まで延びる相模トラフの大部分が一度に動く可能性を否定しきれず、この場合はM8.5以上となった。

大地震による東京湾LNG全面大火災の可能性

a0118909_19322212.jpg
LNGタンクの老朽化が問題、日本最古の根岸LNG基地

a0118909_1922317.jpg
長周期地震動が問題の立地、規模では世界最大級の袖ヶ浦LNG基地

a0118909_19272484.jpg
皇居から25キロ圏内、津波対策は万全なのか?世界最大級LNG地下タンク
=扇島LNG基地


まもなく東海第二原発炉心から2キロ圏内にLNG船が出現する

まったなしのLNG基地の防災対策  津波とLNG基地

[PR]
by hilng | 2013-11-09 16:57 | 飯山一郎 怪しい