excitemusic

プロレタリア世界革命を唱える中核派と成田空港反対運動の歴史と展望
by hilng
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧


「日立」の休止工場が、世界最大級の太陽電池工場に再生(2)

a0118909_9101059.jpg

「スパイラルマグナスの特徴」 風力発電のMECARO 

YouTube - 道の駅「おおがた」のスパイラルマグナス風車 

「日立」の休止工場が、世界最大級の太陽電池工場に再生(1)

 「わかっちゃいるけどやめられない?」「会社が悪い」では、始まらない
  日製の退廃したリストラ経営、外資との提携やEBOで雇用を守れ

時代遅れの原発に固執する日製経営陣の「事業の切捨て」=分社化、「労働者の切捨て」=解雇・希望退職「リストラ」攻撃に対して、日製労働者は、外資との提携による企業再生やEBOによる企業再生を準備・検討しなければならない歴史的段階にすでに突入している。時代遅れの原発に固執し、21世紀の戦略商品であるソーラー電池パネルの開発・商品化をサボタージュした日立経営陣の時代認識と経営哲学のなさと経営を修正できなかった「連合」の退廃した労働運動が、日立の地盤沈下と大赤字による株価低迷の苦境を招いた。

日製EBO新企業は、小平精神で中小・マイクロ 水力・風力発電機の商品化

風力発電システムについても日製経営の誤りは明白だ。日立独自で風力発電機の完成品を生産しないことが、日製経営の決定的な誤りであろう。日立造船などグループ企業と連携し日立グループの総力を上げて「風力洋上発電システム」、「洋上太陽光発電システム」を開発すべきであった。日製経営から分離独立したEBO新企業は、中小・マイクロ風力発電機や中小・マイクロ水力発電機の「小平精神」による開発・商品化と「労働者自主管理」で雇用を守るしかない。退廃した日製経営は、「大リストラ」として日製労働者に矛盾を転移して来る。日立製作所創業100周年の今年は、「小平精神」の原点立ち戻り、起業・国産技術で自主独立・刻苦奮闘するしかないだろう。

長州産業株式会社

閉鎖された大牟田市四箇新町の太陽電池製造「MSK」福岡工場の従業員らが、EBO(従業員による企業買収)

YOCASOL

水資源機構などが水面を利用した太陽光発電、陸上と同等以上の効果

洋上風力発電

大型洋上ハイブリッド発電

YouTube - 大型洋上ハイブリッド発電  今こそ再生可能エネルギー

YouTube - 小型水力発電の研究

   日立創立100周年~ 日製「大リストラ」前夜の情勢
  「小平ルネサンス」と橋本茨城県政・日立市政の「チェンジ」を

橋本茨城県政をリコールによって「新エネルギー革命」を推進する新県政にチェンジし、日立市長選挙で「日立港LNG受入基地」建設を認めない市長を誕生させ、 「新日立市構想」を実現することも日製労働者の雇用と生活を守る上で重要な課題だ。日製従業員・労働者の「歴史的任務」といっても決して過言ではない。日製は、今「大リストラ」前夜の情勢にある。「上海万博」の会期終了で弾けた「チャイナ・バブル」は、「世界大恐慌」の大津波となって日立市を襲うだろう。日立従業員・労働者は、大戦後の「日立争議」からも学びこの難局に対処しなければならない。
  
  商品開発の方向性が企業の命運を握る~「第三の波」に乗れ

「世界大恐慌」の大津波は、これから日立市に到達する。「第三の波」に乗る以外に「雇用と生活」は、守れない。「第三の波」高度情報化社会の21世紀前半(のまだ「商品生産の止揚」が労働者階級の歴史的課題となっていない歴史的発展段階)における経済の特徴は、インターネットで瞬時に情報が世界を駆け巡る「高度情報化社会」の「インターネット市場経済」と「生産=消費者(プロシューマー)経済」、公的セクターとの「トライアングル混合経済」だ。この時代的特性に対応する「商品」(サービスを含む)を作り出せるか(=商品生産)が問われている。21世紀前半のライフスタイルの傾向は、経済アナリスト藤原直哉の言うような「戦略的低エネルギー生活」になるだろう。

  21世紀前半の経済が、「市場経済」であることには変わりない

たとえ「労働者自主管理」経営の企業であっても、時代に対応する「商品」とサービスを「適正価格」で生産・提供できなければ、「インターネット市場経済」は、退場を宣告する。

「現実的なものはすべて合理的であり、合理的なものはすべて現実的である」(ヘーゲル)

日立で差別是正と残業拒否解雇事件の勝利解決

日立製作所における差別争議の早期解決をめざす支援決議

2000年9月 全国労働組合総連合
日立関連争議の全面勝利解決について


日立総連合の争議
日立製作所が1950年5月27日付で従業員5,555名の大量人員整理


1950年 日立争議

1950年5月 日立争議、家族ぐるみの組合運動

核廃絶! LNG廃絶!
自由・博愛・平等・直接民主主義!
日立市・東海村を長崎に続く第三の被爆都市にするな!
[PR]
by hilng | 2010-02-21 19:53
<< 「日立」の休止工場が、世界最大... 4時間労働制 ~ 協同労働・共... >>