excitemusic

プロレタリア世界革命を唱える中核派と成田空港反対運動の歴史と展望
by hilng
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
ブログパーツ
画像一覧


「地獄への道」を選択した東海村民と米軍の長崎原爆予告ビラ



日本国民に告ぐ。即刻都市より退避せよ

このビラに書いてあることは最も大切なことでありますからよく中一手読んでください。日本国民諸君はいまや重大なる秋に直面してしまったのである。軍部首脳部の連中が三国共同宣言の13条よりなる寛大なる条項を盛ってこの無益な戦争を止めるべく機械を与えられたのであるが軍部はこれを無視した。そのためにソ連は日本に対して戦線を布告したのである。また米国はいまや何人もなし得なかった恐ろしい原子爆弾を発明しこれを使用するにいたった。この原子爆弾はただ一個だけであの巨大なB-29、2000着が一回に投下する爆弾に匹敵する。この恐るべき事実は諸君が広島にただ一個だけ投下された際、いかなる状態を奮起したかはそれを見ればわかるはずである。この無意味な戦争を長引かせている軍事上のすべてを子の恐るべき原子力爆弾を持って破壊する。米国はこの原子力爆弾が多く使用されないうち諸君がこの戦争をやめるように天皇陛下に所願されることを望むものである。米国大統領は以下に諸君に対して述べた13箇条なる寛大な条項を速やかに承諾し、よりよい平和を愛好する新日本の建設をなすよう米国はじゅうほするものである。したがって日本国民諸君は直ちに武力抵抗を中止すべきである。市からざれ場米国は断固この原子爆弾並みにその他あらゆる優秀なる武器を使用しこの戦争を迅速なおかつ強制的に終結せしむるであろう。
-------------------------------------------------------------------------------------
   東海村の「脱原発派」の有権者は、雨でも投票に行く固定票

前回の村議選より候補者が一名少なく、天気も雨のため得票率が7.5%(1421票)下がったが、あいざわ一正氏、川崎あつ子氏(共産党)、大名みえ子氏(共産党)の「東海村脱原発派」三人組への投票者数の合計は、前回が2362票、今回が2309票とほとんど変わっていない。この約2千3百票(投票者の約13%・東海村有権者の約8%)は「東海村脱原発派」組織票といっても良いだろう。

東海村村議会議員選挙2008/1/15  投票日 2008/1/20
定数 20 立候補者数 22
有権者数 28525 投票者数 19111
投票率 67.00%  天気 曇り

東海村村議会議員選挙2012/1/22 投票日 2012/1/22
定数 20 立候補者数 21
有権者数 29,723  投票者数 17,690
投票率 59.52%  天気 雨

「東海第二原発」メルトダウン
東京ガス「日立港LNG基地計画」LNG全面火災
首都圏「ピカドン原爆地獄」 にNO!

テロ戦争の標的になる「東京ガス日立港LNG受入基地計画」にNO!

  サタンの子らは、「地獄の炎」によって焼かれることになるであろう

LNG方程式から導き出される=LNG全面火災からファイアボールが形成された場合、原水爆による核爆発=ピカドンとは違い、燃焼が長時間におよび人々は「地獄の炎」によって長時間にわたり焼かれることになる可能性がある。日本国民は日本国憲法 によって、職業と居住地域を選ぶ自由が保障されている。2012/1/22 東海村村議会議員選挙の結果は、「意識が存在を規定するのではなく、存在が意識を規定する」という正しくその命題通りの結果になった。人々の理性は麻痺している。

    東海村に住み続けるのか、東海村から避難するか

後は、東海村民個々でここに留まるか、どうするかの判断が待っている。我々は「日立港LNG基地情報」において多くの情報を提供し、この計画を中止に追い込むよう努力してきたが、2012年1月22日 において東海村民が下した結論によってサジは、東海村民に投げ返された。

    東海村民と東海村議会議員  

後のことは東海村民と東海村民が信託した東海村議会議員で考えればよいのである。我々は撤収するし、以後この問題における一切の事柄に関して、我々にはいかなる義務も責任も存在しない。「警告」はもう終わったのだ!!
ノー・モア・ヒロフクシマ !  No more Hirofukushima!  We are all Hibakusya now!
Beatles   - Let It Be   youtube

戦前日立製作所は、
「満州重工業開発」 「日産鮎川コンツェルン」の主要企業でした。
「日立」は戦前、世界最高の機関銃製造会社だった
鮎川義介は、 満州国 の軍・官・財界の実力者「弐キ参スケ」 の1人です。「弐キ参スケ」とは東條英機(関東軍参謀長)・星野直樹(国務院総務長官)、鮎川義介、岸信介 (総務庁次長)、松岡洋右(満鉄総裁)です。鮎川・岸・松岡の3人は「満州三角同盟」とも称されていまた。

現在日立グループ(日立製作所)は、
アトム(原子力) 軍産複合体 LNGチェーン」の主力企業( 独占資本)です。
東京電力 福島第一原子力発電所 の1・2・4号機 は、日立グループ企業 が製造(または設計)しました。

Stories of Technology    日立の原子力開発
シリーズ「開拓者たち」 第四話 『積極進取 新技術の息吹き』 映像


日立工機 と日立兵器  (茨城県ひたちなか市・勝田)

核武装の隠れ蓑としての原子力平和利用
「日本原子力軍産複合体」の尖兵=田母神俊雄の理想被ばく環境は、
「年間100ミリシーベルト」=「健康に良い」


[東海村議会] すり替え説明をしていた=悪質企業 東京ガス2011年9月22日 東海村議会 全員協議会 相沢一正村議・共産党東海村村議団も出席
「東京ガスのプロジェクトの全体概要と安全性について」
=東京ガス「日立港LNG受入基地計画」


    相沢一正村議の「脱原発・LNG推進」 か「脱原発・脱LNG」か

この会議での「脱原発派」相沢一正村議の発言に注目!!=この東海村の命運を決めた重要な会議において、相沢一正村議の無内容な見解(発言)を記録した議事録は、インターネットで公開されるべきだ。この会議での質問で「東京ガスの不適切発言」を引き出し活躍したのは恵利いつ村議だ!、(議事録は、東海村議会事務局で閲覧できる)原発の危険性を説く相沢一正村議がLNG液化天然ガスの危険性 については、知識も見識もないことがこの会議での相沢村議の発言でわかるだろう。だから「脱原発・LNG推進」という決定的に誤った結論になる!! 国家独占資本主義 =「 アトム(原子力) 軍産複合体 LNGチェーン」( 独資本)の存在が見えない 相沢一正東海村議会議員の「脱原発」論 は、小ブルジョア的空文句にすぎない。










 
[PR]
by hilng | 2012-01-23 09:23 | 原子力
<< 2012年1月24日~ 再び巨... 阪神・淡路大震災 ― 17年の... >>